【植物LEDレビュー】HaruDesign GL-A 6Kをビカクシダ用に購入しました

当ページのリンクには広告が含まれています。

人間が愛だけでは生きていけないように、植物も水だけでは生きていけません。
そう、光が必要なのです。\ピカッ/

ということで(?)、最近HaruDesignさんのGL-A 6Kという植物育成LEDを購入して、我が家にいるビカクシダに2週間ほど使用しています。

買う前は「ちゃんと育つかな~」と不安だったんですが、実際に使ってみてかなり良かったので、記事化しました。

みどバード

安いのにちゃんと明るくてよく育ちます!最高です!!

GL-A 6Kを使って、新しい胞子葉が生えてきたビカクシダ(ヴィーチー)

多肉や塊根植物向けの明るめの植物育成LEDをお探しの方や、ビカクウォール(ビカクシダを吊るしている壁)用のLEDを探している方はぜひ最後までご覧ください!

みどバード

このサイト(みどりのグリーン)は100株以上の植物と暮らすデザイナーが運営しております。
記事内の写真も我が家で撮影したものなので、あわせてお楽しみください!

ジャンプできる目次

HaruDesign GL-A 6Kの詳細スペック

消費電力22W
照度(素子より40cm)34500Lx
PPFD(素子より40cm)628
照射角度60度
重さ380g
サイズ(mm)直径95×全長125
ボディ素材アルミ、耐燃性樹脂
色温度5800K(白色系)
冷却性能放熱フィン、シリコンコーティング
HaruDesign公式サイトより引用

GL-A 6Kのおすすめポイント

おすすめポイント
  • とにかく安い
  • しっかり明るい
  • 見た目がおしゃれ

とにかく安い

時期にもよりますが、1個大体4000円くらいで買えます。

植物育成ライト界のキングオブ帝王(?)のアマテラスの約3分の1、上位機種のHasu38 spec9の約半分の値段です。

みどバード

めっちゃ安い!吉野家かよ!!

育成LEDを複数設置したい場合は総額にかなり差が出てくるので、めっちゃ助かります。

しっかり明るい

点けると部屋の中にちっちゃい太陽ができたみたいに明るいです。

直視すると目が爆発します。メガ爆発。

公式スペックでは40cm離したところのPPFD(光合成光量子束密)は628となっています。

みどバード

PPFDってなんやねん!って感じですが、植物が感じる明るさだとざっくり思ってください。
よく聞く「ルクス」や「ルーメン」は人間の目で見たときの明るさです。

植物ごとに最適なPPFD値は違いますが、観葉植物だと10~500程度が最適だと言われています。
(多肉植物は500以上必要らしいです)

公式サイトによれば45cm程度でPPFD値が500を下回るようなので、観葉植物に対しては45cm以上(できれば50~60cm)は離して使いましょう。

みどバード

うちのビカクシダは50~60cmくらいの距離で、今のところ葉焼けせず、しっかり育っています!

見た目がおしゃれ

シンプルに見た目がかっこいいです。

黒がベースになっているので、どんなインテリアにも合わせやすいんじゃないでしょうか。

壁に向けるとオシャレ植物ショップのディスプレイみたいになります。

シャンティーオな壁になってしまった

白いライトを探している方は、1000円ほど値段が上がってしまいますが、上位機種のGL-X 6Kをどうぞ。

GL-A 6Kの注意点

注意点
  • 別途ソケットやスタンドが必要
  • リフレクターが外せない
  • 熱くなる

別でソケットやスタンドが必要

GL-A 6Kはライト単体での販売なので、別途ソケットやスタンドを用意する必要があります。

口金はE26なので、それに合うものを用意しましょう。

みどバード

ライトは熱を持ちやすいので、シェードが無いものや取り外せるものがおすすめです!

リフレクターが外せない

植物育成LEDの中には、リフレクター(反射板)を取り外しできて、照射範囲を変えられるものがあります。

GL-A 6Kはそういったカスタイマイズ性はありません。

みどバード

ぶっちゃけそんなに取り外ししないから個人的には問題なし

リフレクターを付け外ししたい方は、上位機種のHasu38 spec9 6kを買いましょう。

熱くなる

明るい育成LEDに共通して言えることですが、使用中は結構熱くなるので、壁や天井などに直接当たらないように設置しましょう。

また、触るときはライトを消してしばらく経ってからにしてください。

1ヶ月の電気代は?

植物が元気に育っても、電気代がバカ高かったら、人間が元気じゃなくなってしまいますよね。

ということでGL-A 6Kの電気代を検証していきましょう。

GL-A 6Kは22Wなので、1ヶ月の電気代は下記のような感じになります。

1日の使用時間1ヶ月の電気代
6時間122.8円
8時間163.9円
10時間204.6円
12時間245.52円
「電力料金目安単価」から1kWhあたり31円で計算

うちでは2個を1日8時間使っているので、1ヶ月で約327.8円かかっている計算です。

みどバード

どう感じるかは人によって異なると思いますが、個人的には問題ない範囲です。

我が家でのGL-A 6K使用方法

最後に我が家での使用方法も紹介していきますね!

我が家ではGL-A 6Kを天井から吊るす形で設置しています。

併用しているアイテム
  • ダクトレール
  • スポットライト型ソケット
  • 石こう壁用ピン

ダクトレールというのは下の画像のように、照明を取り付けられるバー状の器具のことです。

うちではAmazonで購入したszbritelightというメーカーのダクトレールを使っています。

あと用意したのが、石こう壁用ピンスポットライト型のソケット

みどバード

この3つとも似たような商品がたくさんあるので、真似したい方は価格やデザインで選んでOKです!

ダクトレールを石こう壁用ピンで天井に固定し、その後スポットライト型ソケットを取り付けています。

一応ピンを抜いて刺した跡も確認してみましたが、下の画像のような感じ。

結構小さいので、爪で押し込めば消えるくらいの大きさです。

みどバード

我が家も賃貸ですが、賃貸の方はくれぐれも自己責任でお願いします!

楽しいグリーンライフをお送りください!

ということで、この記事ではGL-A 6Kのレビューをしてきました。

めちゃくちゃオススメなので、植物育成LEDを探している方はぜひ試してみてください!

みどバード

あとインスタもやってるので、ぜひフォローお願いします!

見た目・機能性にこだわった鉢を販売中です
みどバード

3Dプリンターで作った自作の鉢を販売しています!

この鉢の特徴

・メッシュ構造になっていて通気性抜群
・水はけがよく根腐れしにくい
・鉢底にサークリング防止の板を設置してあるので根張りがよくなる

\ とりあえず見てみて! /

※在庫補充のタイミングはインスタグラムでお知らせします

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

100株以上の植物と暮らすデザイナーが運営してます。

▷初心者が知っておきたい植物知識
▷くすっと笑える「植物好きあるある」
▷自分にあった植物を選ぶ方法

といった情報を全力でふざけながらお届け!

ジャンプできる目次